TOP  >  うまいもの屋さん

エリアマップ


2006/09/15号 | 和洋菓子 するが

 “本物”の材料を使い、すべて心を込めて作る和洋菓子店です。
 葛飾区亀有に本社・工場を持つ同社は、元々まんじゅう屋としてスタート、その後各種和洋菓子を製造して40年。2代目・神部昭大(あきひろ)社長(35)の父は、「どら焼に初めて栗を入れた」ことで知られています。
 まずオススメは、「あんみつ」。神津島産と伊豆下田産をブレンドした天草をコトコトと4時間余煮詰めて濾(こ)して作った寒天、北海道産小豆で作ったこしあん、赤えんどう豆、求肥、大粒あんずを添えて黒蜜をたっぷりかけて食べると、ほのかに海の香りのする昔なつかしい味が口の中いっぱいに。どら焼は、栗どら焼、梅どら焼などの定番以外にも季節の生クリームの入った月替わりの「生どら焼」が大人気。


>>続きを読む



うまいもの屋さんモバイル