TOP  >  うまいもの屋さん

エリアマップ


1 2 3 4

1996/04/15号 | 手打うどん さぬき茶屋

 「純正の手打ちだから、麺にコシがあってノビにくいんですよ」とは、主の沼能(ぬまのう)明さん(44)。
 「四国名物さぬきうどん」(650円)、「大阪名物きつねうどん」(同)、「長崎名物しっぽくうどん」(700円)…ずらり並んだ品書きは、あたかも「日本うどん紀行」といったところだが、その中でもおすすめなのが「甲州名物みそけんちんうどん」(750円)だ。
 合わせみそに「秘密の野菜(沼能さん)」を加えたものを「だし」で溶いた汁のまろやかな甘味とコクは、それを味わうためだけでもわざわざ足を運ぶ価値ありといえよう。薬味のゴマが、実によく効いている。
 沼能さん、「みそ」にはかなりのご執心で、冷たいうどんをみそだれにつけてすする、山形は庄内名物の「寒(かん)なめうどん」(500円・5〜10月)を是非にと力説しておられマシタ!


>>続きを読む


1 2 3 4