TOP  >  うまいもの屋さん

エリアマップ


1 2 3

2008/08/15号 | パティスリー・アトリエ・エデュー

 国道4号線そばで小さなお店を構える同店のケーキは、旬の素材を使い、手間ひまかけて作った美味しいケーキです。
  関隆彦店主(40)は、関原の元和菓子屋の次男さん。18歳から全国のケーキ店、レストランで腕を磨き、2年前の3月に店を開きました。
  夏は、ジュレ(ゼリー)がオススメ。生のフルーツを一つ一つ、シロップ、アルコール、バニラに2日間漬け込み、その煮汁をゼリーに。少し凍らせて食べるのが通。甘さ抑え目の冷たいフルーツジュレがのどをすべるように通過して行きます。
  5〜11月限定のフランス風ショートケーキ「タンブラン」。ケーキの上には、赤スグリ、サクランボ、キウイ、アンズなどが、アーモンド入りスポンジ生地の中には、グレープフルーツ、メロン、オレンジなど、計13〜16種の旬のフルーツがふんだんに使われています。
  お客に「銀座の店よりも美味しい」と言わせた「マンゴープリン」(500円)、無着色は珍しい4種類の「マカロン」(210円〜250円)などなど、目移りしまーす。金、土、日にはクロワッサンも販売して人気。お誕生日ケーキは2日前までに予約を。


>>続きを読む


うまいもの屋さんモバイル