TOP  >  街の探検隊

エリアマップ


2009/12/15号 | 大門多美こども絵画研究所

 大門多美さん(55)は、多彩な経歴の持ち主。富山県高岡市から18歳で上京し、美術学校に学び、20代の頃は少女マンガ誌「ちゃお」に8年間、詩とイラスト・マンガを連載。30代は絵本作家、40代は画家として活躍。その絵やイラストは、子どもたちや自然をほのぼのと描き、「癒(いや)しの世界」を演出して来ました。
 そして、50代。「悩んだ末、イメージトレーナーに行き着いたんです」。イメージトレーナーは、絵と色を基に、人間の心理や精神状況を知り、その人のイメージを広げ、発展させていくもの。「大人も子どもも、楽しく絵を学びながら、心の幅を広げましょう」と大門さん。
 最近「子育てパスポート」協賛店になりました。パスポート提示で、入会金5千円から5%割引になります。


>>続きを読む



うまいもの屋さんモバイル