TOP  >  うまいもの屋さん  >  足立さらしなの里

うまいもの屋さん

2016/07/01号 | 足立さらしなの里

手打ちそば

 見沼代親水公園の脇にあるお店。自家製石臼挽きの手打ちそばがおいしく、人柄の良い店主夫妻が客を呼ぶ人気店です。
 地元出身の那須進二郎店主が、築地さらしなの里で5年間修業を積み、20年前に独立。
 オススメの人気メニューは「里がさね」(1000円)。そば殻を取り除いたそばの実を石臼で自家製粉した「もりそば」、そばの実を荒く挽いた太打ちの「田舎そば」、そばの実の中心部分だけで打った「さらしなそば」の3種盛り(いずれもミニ)。そば好きにはたまらない一品。そば本来の味がわかる「田舎」、上品で噛んでいるうちに甘みが出てくる「さらしな」など?違い?が楽しめます。
 「食べに行って気に入ったメニューをさらに工夫する」という店主の進取の精神が生きている一品が「えび天おろしもちそば」(1300円)。「夏に餅を出したい」「餅とおろしは合う」という思いから出来たメニューで、こちらもオススメ。酒の肴になる夜のメニューも充実。奥さんの久美江さんが1年ほど前に始めたフェイスブックがお店PRの威力を発揮し、遠方からもお客が来店。なお、料金はすべて税込み。

会社名(店舗名) 足立さらしなの里
住所 足立区古千谷本町3-8-5
電話番号 03-3853-1108
営業日・営業時間 午前11時30分〜午後2時、6時〜10時(ラストオーダー9時30分)
月曜定休、第3週は月火連休
備考 【交通】東武伊勢崎線「竹ノ塚駅」西口からバス「見沼代親水公園駅」行きで「古千谷」下車、徒歩2分。駐車場5台まで。

※情報はときめき紙面に掲載した当時のものです。あらかじめご了承ください。


うまいもの屋さんモバイル