TOP  >  うまいもの屋さん  >  居酒屋・もんじゃ ほいち

うまいもの屋さん

2004/12/15号 | 居酒屋・もんじゃ ほいち

 年末、年始に家族ぐるみで楽しめるアットホームな雰囲気のお店を東京武道館そばで見つけました。しかも、おいしいんです。
 岡田保男店主(55)は、地元生まれ。洋食屋をやろうとヨーロッパで修業後、都心のドイツ料理屋で働いていましたが、28歳の時に独立。鉄板焼から始め、「下町はもんじゃ、お好み焼だ」と転換。
 「具に何を入れようが構わない。作るのに失敗しても楽しく食べた方がいい」が、岡田店主の主義。が、素材にこだわり、手間ひまかけるのがご主人の性分、もんじゃは2種、お好み焼は4種の小麦粉を混ぜ、ダシはかつおダシにお酒などを少々。もんじゃ、お好み焼は390円〜。
 目を引いたのは、「ソースせんべい」(200円)。これにもんじゃを乗せて食べると、40〜50代には懐かしい?駄菓子屋もんじゃ?の味がよみがえって最高!「特製いもサラダ」(300円)は、「昔やったドイツ料理の名残です」(ご主人)。4人掛け6卓の座敷と1テーブル。

会社名(店舗名) 居酒屋・もんじゃ ほいち
住所 足立区綾瀬5‐13‐17
電話番号 03-3629-5860
営業日・営業時間 午後5時〜11時
月曜定休
備考 【交通】綾瀬駅東口下車、徒歩5分

※情報はときめき紙面に掲載した当時のものです。あらかじめご了承ください。