TOP  >  うまいもの屋さん  >  キムチの店「興福商店」

うまいもの屋さん

2011/09/01号 | キムチの店「興福商店」

 「韓国ブーム」はすっかり定着しましたが、おいしい手づくりキムチを販売して40年、地元の人はもちろん、区内のキムチ愛好家に愛されているお店です。
 現在の康敬玉店主のお母さん、韓福順さんが自宅の玄関先で作ったキムチを売り始めたのが最初。評判を呼び、本木新道に店を構えて25年になりました。
 作り方は、まず国産白菜1枚1枚に適度な加減に塩をぬっていきます。一晩寝かせ、翌朝、今度は1枚1枚を、塩加減を見ながら洗います。水を切り、同店独自のタレ(ヤンニョン)を各枚にまぶしていくのです。このタレが“秘伝”。数種類の厳選した韓国産唐辛子、にんにく、国産かまあげ(茹でた小エビ)、しょうが、砂糖などをブレンドして作ります。「ウチのは、漬けたてもおいしいけど、少したってからもおいしいんです」と康店主。また、辛さの中に甘みがあるオイキムチは、子どもからお年寄りまでに人気です。ともに100g120円。

会社名(店舗名) 興福商店
住所 足立区興野1-11-8
電話番号 03-3880-7366
WEBサイト http://www.k-kimchi.jp/
営業日・営業時間 午前8時〜午後7時
水曜定休
備考 【交通】北千住駅西口から「西新井大師(本木新道経由)」行きバスで、「興野公団住宅前」下車すぐ

※情報はときめき紙面に掲載した当時のものです。あらかじめご了承ください。


うまいもの屋さんモバイル