TOP  >  うまいもの屋さん

エリアマップ


1 << 12 13 14 15 16

1996/03/15号 | 竹の塚せんべい

 竹ノ塚駅横の大踏み切りがある赤山街道沿いのお店。そう、店先の焼き場でおやじさんがせっせと焼いている、あのせんべい屋さんだ。
 この「おやじさん」こと珠村堅一さん(58)が仕事場に入るのは、毎朝5時。「炭火手焼」が看板の「竹の塚せんべい」の命、備長炭に火を起こすためだ。火を起こすといっても、そこは完璧を期すプロの仕事、これだけで優に2時間。
 ガスの火で焼くのと炭火で焼くのとでは、味がまるで違ってくるのだそうだ。「炭火で焼くと、“遠赤効果”によって、せんべいの中からしっかり焼けてくるんです。そして、米の甘味が引き出される…」。
 実際、「竹の塚せんべい」をかじってみれば、昔ながらの製法というものが、いかにせんべい本来の味わいを引き立たせるかよく分かるだろう。
 堅過ぎずかつ柔らかくもない絶妙な歯応え、そして、口中に広がる香ばしい風味とほのかな甘さ。おいそれと出せる味ではあるまい。


>>続きを読む


1 << 12 13 14 15 16