TOP  >  うまいもの屋さん  >  とろしゃぶ 「一心」

うまいもの屋さん

2017/12/01号 | とろしゃぶ 「一心」

 東京では珍しい「まぐろ とろしゃぶ」専門店を大師で見つけました。すでに何度もまち歩き・グルメ番組で紹介されています。
 上村伸一店主は、福岡・飯塚市生まれ。18歳で和食の店に就職、一から日本料理を仕込まれました。
 最後のお店・池袋の和食店で店主から言われた「まぐろのトロのスジがある部分をうまく使えないか」という言葉がヒントになり、「まぐろ とろしゃぶ」を考えついたと言います。8年前に独立、今の場所にお店を構えました。
 「とろしゃぶ」は、かつお、こぶから出汁をとりますが、このスープを弱火で温めるのがコツ。「絶対に沸騰させたらダメ。臭みが出る」と店主。そして、水菜、エノキなどの野菜を入れ、レタスにとろを巻いてしゃぶしゃぶ。自家製ポン酢に付けて口に入れると、溶けるようにやわらかくなってたまらないおいしさ。これで一人前980円(税込)。プラス300円でご飯を入れてもらって作った雑炊は最高です。
 ランチは、ほかに1、まぐろ漬丼(850円)2、焼魚膳(650円)3、肉中心の日替り膳(750円)。こちらもおススメ。いずれも税込です。

会社名(店舗名) 一心
住所 足立区西新井本町1-15-9
電話番号 03-3896-3239
営業日・営業時間 昼=午前11時30分〜午後2時、夜=午後5時〜11時30分(ラストオーダー11時)
火曜定休
備考 【席】30席
【交通】東武大師線「大師前駅」下車徒歩3分。駐車場なし。

※情報はときめき紙面に掲載した当時のものです。あらかじめご了承ください。


うまいもの屋さんモバイル